遠くて下見ができない。そんなときどうすれば良いの?

電話で詳しく聞いてみよう

賃貸物件を借りるときにはできる限り下見をしてよく物件の使い勝手や周辺環境を確認しておきたいと思うでしょう。間取り図や写真だけではわからないことも多く、借りるかどうかを判断する上で調べておきたいことがいくつもあるのが一般的です。しかし、引越し先が遠くて下見に行くのは到底無理ということもあるでしょう。その対策としてまず挙げられるのが不動産会社に電話で聞いてみることです。引越し先の地域にある不動産会社に連絡して興味がある物件がどれかを伝え、下見ができないから対応して欲しいと伝えるだけで問題ありません。知りたいことを伝えると調べてきてくれるでしょう。必要なら写真なども撮ってきてくれるので有用な情報が集まります。

オンラインで確認するのも良い方法

最近では物件情報として写真だけでなく映像も使っているケースも増えてきました。下見に行けないという場合には映像をオンラインで確認できるかを調べてみましょう。360度カメラで撮影した写真を組み合わせて全体像がわかるようになっているケースもあります。このような情報があれば少なくとも物件そのものについて見落としはほとんどせずに済むでしょう。もし映像などがないというときにも不動産会社に連絡してみると撮影してきてくれることがよくあります。不動産会社としても撮影しておけばいつでも販売活動に使えるというメリットがあるので、前向きに検討してくれるでしょう。下見に行けないときにはせめてオンラインで映像などから確認しておくのが大切です。

© Copyright Finding Rental Apartments. All Rights Reserved.