遠方の賃貸物件探しは多忙極める!物件探しと共に契約の準備もしておこう!

遠方に引っ越す際の多忙さについて

もし同じ市区町村内または隣町への引越しであれば、自転車・バイク・車を利用して気になる物件を外から見て廻ったり気軽に内見する事ができます。しかし、遠方(違う都道府県)に引越しする際となると新幹線・飛行機・高速道路を活用しても移動距離によっては相当時間がかかってしまいます。つまり、探し始めてから毎週末現地に通うような事を続けていたら相当な時間をとられてしまい、引越しの準備をスムーズに進める事ができません。その他、仕事の引継ぎなどで職場からの帰りが遅くなる日もあるとすると、いくら時間があっても足らない状態となります。それでも時間は待ってくれませんので、近距離ではなく遠方に引っ越す場合はそれなりの対処を考えなくてはなりません。

現地に行く回数を一回で抑える方法

そんな中でおすすめしたいのは、忙しいならばインターネットだけで情報収集をして一つに物件を絞り、内見をしてそのまま入居申し込みをするという事です。この形をとれば何度も遠方まで足を運ぶ必要がありません。また、審査が即日または翌日には終わる事が判明している場合は週末をうまく利用して現地に向かうのも良いと思います。例えば、平日に働いている人が金曜日の午後に仕事を終えたらその足で新幹線等を利用して現地に向かい、その日は現地に泊まります。土曜日は朝一番で内見をして気に入ったらその場で入居申込書に必要事項を記入して不動産会社の人に渡してください。そして土曜日も2日連続で現地に泊まり、審査通過の電話が来たら日曜日に不動産会社で契約をする形をとると、引っ越すまでに現地に向かう回数は1回で済みます。カギについては宅配便で現住所に送ってもらえばOKです。

© Copyright Finding Rental Apartments. All Rights Reserved.